DMM.makeにドローンの3Dプリントを依頼する

ドローン

この記事は,DMM.makeに3Dプリントを依頼したときのまとめ記事になります.まずは,DMM.makeに会員登録しましょう.会員登録してから発注まで結構簡単でした.

会員登録したら,作ったstlファイルをアップロードしましょう.stlファイルの作り方に関しては,この記事で紹介してます.

すると,ファイルを3Dプリントできるかどうかの自動チェックがされて,チェックが通るとメールが来ます.そしたら素材を選んで,「注文する」ボタンを押します.

素材

素材と価格は,以下のようにメールで送られてきます.

機体

・データ名: drone_200711c.stl : 1212082
・素材と価格: 
 石膏フルカラー 6,002円
 フルカラープラスチック 7,452円
 NXE400 (xGPP Grey) 14,562円
 NXE400 xABS(ブラック) 27,309円
 NXE400 PPライク(半透明) 20,936円
 アクリル(Ultra Mode) ナチュラル 8,003円
 アクリル(HiReso)βテスト素材 15,975円
 アクリル(HiPerf)βテスト素材 20,970円
 PA12 ナチュラル(MJF) 3,754円
 PA12GB ナチュラル(MJF) 3,754円
 PA11 ナチュラル(MJF) 3,754円
 ABSナチュラル(PartPro300xT) 4,845円
 ナイロン ナチュラル 4,455円
 AGILISTA(AR-M2) 20,350円
 AGILISTA(AR-G1L) 20,766円
 AGILISTA(AR-G1H) 20,766円
 AGILISTA(AR-H1) 20,766円
 PA12GB 121,512円
 PA6GB 9,392円
 チタン 41,765円
 クリアアクリル(シアン) 10,607円
 クリアアクリル(マゼンタ) 10,607円
 クリアアクリル(イエロー) 10,607円
 クリアアクリル 10,607円
 Agilusゴム ホワイト 10,677円
 Agilusゴム クリア 10,677円
 Agilusゴム ブラック 10,677円
 マルチマテリアル 10,904円
 マルチマテリアル プラス 125,018円
 インコネル 175,055円
 マルエージング鋼 130,827円
 アルミ 76,792円
 アルマイド(ナチュラル) 11,760円

PA11, PA12, PA12GBの順で素材が固くなるそうです.GBはガラスビーンズの略のようです.PA12GBだと少し重くなってしまうそうですが,ドローンの機体は剛性も重要だと思うので,今回はこの素材にします.

プロペラガード

・データ名: prop_guard_4pcs_200711b.stl : 1212030
・素材と価格: 
 石膏フルカラー 1,050円
 フルカラープラスチック 2,527円
 NXE400 (xGPP Grey) 2,245円
 NXE400 xABS(ブラック) 2,715円
 NXE400 PPライク(半透明) 2,480円
 アクリル(Ultra Mode) ナチュラル 2,699円
 アクリル(HiReso)βテスト素材 3,269円
 アクリル(HiPerf)βテスト素材 3,088円
 PA12 ナチュラル(MJF) 886円
 PA12GB ナチュラル(MJF) 886円
 PA11 ナチュラル(MJF) 886円
 光造形樹脂(デュラブル) 2,376円
 光造形樹脂(グレー) 2,376円
 ABSナチュラル(PartPro300xT) 1,609円
 ナイロン(即納) 2,948円
 ナイロン ナチュラル 861円
 AGILISTA(AR-M2) 2,273円
 AGILISTA(AR-G1L) 2,379円
 AGILISTA(AR-G1H) 2,379円
 AGILISTA(AR-H1) 2,379円
 PA12GB 37,436円
 カーボン複合素材 7,648円
 PA6GB 1,280円
 チタン 4,667円
 クリアアクリル(シアン) 1,973円
 クリアアクリル(マゼンタ) 1,973円
 クリアアクリル(イエロー) 1,973円
 クリアアクリル 1,973円
 Agilusゴム ホワイト 1,992円
 Agilusゴム クリア 1,992円
 Agilusゴム ブラック 1,992円
 マルチマテリアル 2,049円
 マルチマテリアル プラス 116,163円
 インコネル 88,804円
 マルエージング鋼 41,663円
 アルミ 68,850円
 アルマイド(ナチュラル) 5,286円

ナイロンが一番安いので,プロペラガードはナイロン製にします.

ということで,素材は機体:PA12GBプロペラガード:ナイロンにすることに決めました.

合計額は,3,754 + 861 = 4,615円です.

重量

stlファイルから体積を算出できます.以下のリンクのpythonファイルを使うと簡単に算出できます.FreeCADで計算する方法を調べたのですが,いい方法が見つかりませんでした…

mcanet/STL-Volume-Model-Calculator
STL Volume Model Calculator Python. Contribute to mcanet/STL-Volume-Model-Calculator development by creating an account on GitHub.

例えば,drone.stlの体積が調べたければターミナルで以下を実行しましょう.

$ python measure_volume.py drone.stl
Choose desired print material of STL file below:
1 = ABS or 2 = PLA or 3 = 3k CFRP or 4 = Plexiglass : 1
drone.stl
('total triangles:', 11244)
End calculate triangles volume
Total mass could not be calculated
('Total volume:', 5.152273260834853, 'cm^3')

上記の計算結果によると,機体体積は5.15 cm^3,プロペラガードの体積は1.30 cm^3という結果になりました.密度は以下のサイトによるとPA12GBもナイロンも1.3 g/cm^3くらいだそうなので,概算すると重量は,8.39 g程度ですね.(実際に来た部品は6 g程度でした.素材の比重が1.30 g/cm^3ではなかったのかと思います.)

3Dプリンターの素材一覧~出力方式とメーカー別で確認|リコー
3Dプリンターで使用できる材料・素材は出力方式と利用するメーカーにより、異なります。ここでは、出力方式と各種メーカーを軸に、利用できる素材を、一般特性、機械特性、熱特性の3つに分けて一覧でご確認いただけます。

https://img.make.dmm.com/images/materialPdf/7/dmm_material_guideline_nylon_20200615_rev012_compressed.pdf

備考

あとで気づいたのですが,DMM.makeで「チェック結果を詳しく見る」というボタンをクリックするとアップロードしたモデルの体積はわかります.stlファイルをアップロードする前に体積を知りたい場合は,上記方法が便利ですね.

到着までの日程

ちょうど発注から一週間程度で手元に届きました.早いです.

2020. 7. 11DMM.makeにて発注
2020. 7. 13DMMのデータ最終チェックが終了
2020. 7. 13製作開始
2020. 7. 17発送完了
2020. 7. 18到着

到着した部品!

到着した部品は以下です.なんかそれっぽくてワクワクします(^^

ただ,軽量化のため厚さを1mmにしてしまった結果,フレームがふにゃふにゃになってしまいました.たぶんこれではドローンは飛ばないので,厚さをもう少し厚くして発注し直そうと思います.

3Dプリントしたドローンのフレーム(失敗:薄すぎた)

ドローン完成予想写真

完成時はこんな感じになる予定です.

コメント